撮影機材・ガジェット

【簡単】海外でもできた!スマートホーム化に必要なもの

どうもSymSymです。

SymSym
SymSym

あなたは、

「アレクサ、ジャズっぽい音楽かけて」
「アレクサ、電気つけて」
「アレクサ、エアコンの温度下げて」

みたいな「スマートホーム化」やってみたいと思いませんか。

スマートホーム化は、海外に住んでてもAmazonの買い物だけで 簡単にできちゃいます。

新型コロナウィルスの感染拡大以降、なにかと家にこもることも多いですよね。

せっかく家に引きこもるなら、この機会に、

「あなたの家、スマートホーム化しちゃいませんか?」

という内容の記事になります。

対象:
海外在住でスマートホーム化に興味ある人
これから海外駐在の予定がある人

内容:
スマートホーム化に必要なもの
スマートホーム化の方法

伝えたいこと:
海外でもスマートホーム化できますよ
あなたの生活 アップグレードしませんか

スマートホーム化に必要なもの

必要なものは、

  1. スマートスピーカー
  2. スマートリモコン
  3. スマートコンセント(プラグ)

になります。

Amazon Echo Show5 (スマートスピーカー)

(スマートリモコン)

(スマートコンセント)

はい、これだけ。 すべて Amazonで簡単に購入できるものばかりです。

我が家で 用意したものを順番に紹介していきます。

スマートスピーカー:Amazon Echo Show 5

スマートスピーカーもいろいろ種類がありますが、

大きく分けるとアマゾンエコー系か グーグルホーム系の2択でしょうか。

ボクが買ったのは、Amazon Echo Show5という、5インチ画面付きのモデル。

価格は、Amazon UKで

通常£79.99=約10,600円

ですが、

ブラックフライデーセールで

£49.99=6,500円

で購入できました。

Amazon Echo Show 5に関しては、関連記事があるので、そちらも合わせて読んでみて下さい。

【実証済】海外のアレクサを日本語活用~海外版Echo Show 設定手順~どうもSymSymです。 この記事は、 海外版Amazon Echoを 日本語環境で使うための設定手順 について...

スマートリモコン:Orvibo Magic Cube

スマートリモコンもいろいろ種類ありますが、

ボクがかったのはOrviboというメーカーのMagic Cubeというもの。

写真でもわかる通り、シンプルでスタイリッシュなデザインが気に入りました。

価格は£18.2=約2,400円

これで、赤外線リモコンで操作している家電の音声コントロールが可能になります。

たとえば、テレビやエアコンなどの操作が アレクサ経由 音声でできてしまうというわけです。

「アレクサ、テレビつけて」

「アレクサ、エアコンの温度下げて」

未来、感じませんか?

 

スマートコンセント(プラグ):Teckin Wi-Fi Outlet

スマートコンセントも これまた いくつか種類がありますが、

イギリスではこのTeckinが一番メジャーっぽかったので こちらを購入。

価格は4個入りで£39.99=5,200円(1個 約1,300円)

スイッチがオン/オフだけのシンプルな家電を音声でコントロールするときに必要になります。

たとえば、スタンドライトなどですね。

日本のAmazonで購入するなら ↓あたりが一番買われているようです。

(アマゾン)

スマートホーム化のための手順と我が家の使い方

次に、我が家の各家電がどのような仕組みで音声コントロールされているか、

設定の手順 と 我が家での使い方 を説明します。

<スイッチ オン/オフだけのシンプル家電の場合> : スタンドライトなど

 

設定手順

Amazon Alexaアプリをダウンロード

スマートコンセントのアプリをダウンロード
(Teckinの場合は「Smart Life」というアプリ)

スマートコンセントを電源にさす

スマートコンセントにスタンドライトのコンセントをさす

Amazon Alexaアプリ内にデバイスを登録
→これで アレクサ経由 「スタンドライト」の音声コントロールが可能

スマートコンセントのアプリ内にデバイスを登録
→これでスマホ・アプリ経由 タップで「スタンドライト」コントロールが可能

スマートコンセントは、「電流のオン/オフ」を音声で コントロールするためものです。

したがって、スタンドランプの種類は、シンプルなオン/オフ(入/切)タイプのスイッチに限ります。

(足で踏むタイムの入/切 スイッチ)

(入/切だけのシンプルなスイッチ)

スタンドライトのスイッチは常に「オン(入)」にしておいて、

電流のオン/オフを音声でコントロールする仕組み、です。

逆に、最近よくあるクリック式のボタンでコントロールするタイプ(1回押すと「オン」、もう一回押すと「オフ」)には対応しません。

このタイプのランプは、常に「オン(入)」にしておくことができないので、音声でのコントロールができません。注意が必要です。

(写りが悪くてすみません、オン/オフが ボタン式)

我が家の使い方

「リビング」:
  • 4つのスタンドライトにそれぞれスマートコンセントを接続
  • スマートコンセント①~④をまとめて「リビング」とネーミング
  • 「アレクサ、リビングつけて」で4つのスタンドライトが同時に点灯

ちょっと効率悪いですが、部屋の四隅に1つずつスタンドライトがあるので、スマートコンセントは4つ使用しています(スマートコンセント4つで5,200円、結構高い)。

(元々の部屋の照明が暗いので部屋の四隅にスタンドライトを設置)

アレクサ導入前は 一つ一つのライトを いちいち オン/オフしてまわる必要があって、非常に面倒でした。

スマートホーム化した今は、

「アレクサ、電気をつけて」

で 4つのスタンドが同時に点灯。 消すときも同じ。 断然 便利になりました。

「ダイニング」:
  • ダイニングテーブル上の2つのクリップライトを設置
  • まとめて「ダイニング」とネーミング
  • 「アレクサ、ダイニングつけて」で2つのクリップライトが同時に点灯

1つのスマートコンセントから2つのライトに電源を供給。

<赤外線リモコンを使う家電の場合>:テレビ+スピーカー

設定手順

Amazon Alexaアプリをダウンロード

スマートリモコンのアプリをダウンロード
(Magic Cubeの場合は「Home Mate」というアプリ)

スマートリモコン(=Magic Cube)を電源に指す

スマートリモコン(=Magic Cube)を家の無線Lanに接続

スマートリモコンのアプリ(Home Mate)にデバイスを登録
→我が家は TV/スピーカー/DVDプレイヤーを登録
→これでスマホのアプリ経由 タップで 登録したデバイスのコントロールが可能
「チャンネル切り替え」/「メニュー切り替え」なども可能

Amazon Alexaのアプリ内にデバイスを登録
→これで アレクサ経由 登録したデバイスのオン/オフ 音声コントロールが可能。
※現時点で コントロール可能なのは「オン/オフ」のみ

我が家の使い方

我が家は、TVに外部スピーカーを接続しているので、

通常であれば、TVを観る際、

  1. TVのリモコンでTVの電源を入れる
  2. スピーカーのリモコンでスピーカーの電源を入れる

2段階のアクションが必要あります。

それが、このスマートリモコン(=Magic Cube)を使うことで

「TV+スピーカー」を
1つの「シーン」として登録が可能

になります。

つまり、

スマホ アプリ経由あれば 1タップでTV+スピーカーの同時オンが可能

アレクサの音声コントロールであれば

「アレクサ、テレビをつけて」

で、TV+スピーカーの同時オンが可能。

使ってみるとわかりますが、これはめちゃくちゃ便利です。

また、

赤外線リモコンでコントロールするタイプのエアコンであれば、

このスマートリモコン(=Magic Cube)に登録することで、

スマホでも アレクサでも エアコンをコントロールできることになります。

これも 相当 便利・快適になりますよね。

まとめ:スマートホーム化のメリット

ここまで、スマートホーム化の手順 や 我が家の使い方などをご紹介しましたが、
結局のところ、我が家の使い方から言える スマートホーム化のメリットは、

  1. 複数のライトを一括で、しかも 音声でコントロール可能
  2. テレビ+スピーカーを一括で、しかも 音声でコントロール可能
  3. 散らばっていたリモコン類を全て箱の中に収納(見た目スッキリ)
  4. 家の外からでもスマホで 家電のコントールが可能

あたりかと思います。

④についてはちょっと補足説明します。

例えば、

~旅行などで1-2週間 家を空ける時の防犯対策~
-家を留守にしているときでも遠隔で毎日夜間にライト点灯
-「在宅」のように見せることで防犯可能

~夏場 遠隔でのエアコンのコントロール~
-帰宅10分前に 遠隔で エアコンのスイッチをオン
-帰宅時には 部屋が涼しくなっていて快適

これは、スマホ アプリのタップでオン/オフできますし、

タイマーに設定しておくこともできます。

最後に、改めて スマートホーム化の一番のメリットがなにか考えると、

「未来」を感じられること

じゃないかと思います。

築200年イギリスの我が家でも「アレクサ、テレビをつけて」ができます。

すごくないですか(笑)。

スマートホーム化にチャレンジして「未来」感じてみませんか?

あなたの生活、
アップグレードできます

以上、最後まで読んで頂きありがとうございました。

~おしまい~

【実証済】海外のアレクサを日本語活用~海外版Echo Show 設定手順~どうもSymSymです。 この記事は、 海外版Amazon Echoを 日本語環境で使うための設定手順 について...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です