40代会社員考察

【自宅で自分でおしゃれ坊主】~案外簡単にできた~

どうもSymSymです。

この記事は、

「自宅で自分でおしゃれ坊主」

をおすすめする記事になります。

【対象】

全ての男性

男の子のお母さん

 

【内容】

自宅でおしゃれ坊主

①用意するもの

②コツ

 

【伝えたいこと】

コロナ自粛生活に遊び心を

案外簡単、出来栄え満足

その他気付いたらメリットたくさん

伸び放題の髪、どうする?

 

この記事を書いている2020年4月時点、

ボクの住むイギリス・ロンドンは、新型コロナウィルス拡散防止のため、ロックダウン中。

その影響で、いつも行っている美容院が休業。

2か月近く散髪できない状況が続くと、当然、

髪 伸び放題 問題

に直面。

この問題、どう解決するか?

どうせテレワークなんで放っておいてもよかったのですが、ふと

逆にどうせテレワークなんだから

坊主にしてみる?

という逆転の発想が浮かびました。

ロックダウン生活によるストレスもあったのかもしれませんが、なんか生活にアクセントを付けたいという謎の衝動に駆られて、

自宅で自分でおしゃれ坊主

にチャレンジしてみることにしました。

よく考えてみると、

・元々イギリスの美容院に対する不信感(美容師さんがアジア人の髪質に慣れていない)

・坊主だったら なんか自分でも簡単にできそう

・どうせテレワークで会社の人と会うのは画面越し

・別に失敗してもよくね?

とか。

不思議なのは、考えているうちに 逆に「やらない手はない」「今がチャンス」と積極性ができたこと。これもストレスの影響か?

でも、ボクみたいに海外居残り組で、美容院クローズしちゃって、同じような問題を抱えている人、いますよね、絶対。

日本にいたとしても(非常事態宣言の対象には理美容院は含まれていないらしいですが)

・自主的に営業休止している美容院が多いみたいですし

・濃厚接触という観点ではやっぱり心配だし

言われてみれば「自宅で自分で」アリかもっていう人もいるんじゃないでしょうか???

「自宅で自分でおしゃれ坊主」用意するもの と コツ

・用意するもの

-バリカン

-ヘアキャッチケープ

-ゴミ袋(白半透明)

-シンプルなイス(できれば丸イス)

-バリカン

・プロ用のものでなくてOK

ネットだと「やっぱりプロ用バリカンじゃないと上手く刈れない」みたいなレビューを見かけますが、そんなことありません。

だって、

・1日に何人もの坊主頭を刈るわけではなく、月に1~2度使うだけ。

・プロ用バリカンの値段は高額、ざっと一般のバリカンの2~3倍

・プロ用バリカンは定期的に油をさす等メンテナンスが大変

(一般のバリカンは水洗いOKのものも多い)

ですよね。

一般的なバリカンで十分OK!

ボクが買ったのはパナソニック ER224Sというモデル。たぶん、古い型落ちのモデルで、現在のパナソニックのラインナップ表には載っていません。

実は同じものを「ひげトリマー」として 6年 愛用していました。長らく使ってバッテリーの調子が悪くなってきたので、そろそろ買い替えようかと考えていたところ。ネットで改めて商品説明を確認すると「髪の毛トリマー」としても使用可能らしい。

長年使って商品への信頼もあったし、型落ちで値段もリーズナブルだったので、迷わずリピート購入。Amazon UKで買いました。

プロ用ではありませんが、問題なく坊主頭に刈り込めますし、水洗いもOKです。

   商品名:Panasonic ER224S

値段:33£(約4,500円)

↓は、PanasonicのHP。どのバリカンを選べばいいか悩んだときに、参考になります。

https://panasonic.jp/mens/comparison.html#hair

-ヘアキャッチケープ(散髪マント)

・これも Amazonで買えます

当初「自宅で坊主」で気になったのは、

髪の毛が散らばってヨメに怒られること

床には 当然 なんらか敷いてやりますが、このケープがあると 後処理 が俄然ラク、髪の毛が散らばりません。

お値段、10£、約1,350円。

正直、これ マストアイテム。

-ゴミ袋(白半透明)

・床に敷くビニールシート代わり

イメージは、床に新聞紙でも広げてと思っていましたが、いまどき 気づくと新聞紙も無いので、ゴミ袋で代用。

白い半透明のごみ袋をハサミで切って「開き」にして使います。白いので 刈った髪の毛もよく見えます。

一方、黒いごみ袋はおすすめしません。黒い髪の毛が見えにくく、後処理が大変。

-イス

・できればシンプルな丸イスなんかが理想

刈った髪が背もたれの隙間などに入り込むと、これまた 後処理がたいへん。

できればシンプルな丸イスが良いと思います。

ボクが使っているのは、IKEAで買った「踏み台」(高いところの物を取るときに使うやつ)。これだと デザインもシンプルなので、髪の毛が残ったりしません。

・刈り込んでいくときの手順

YouTubeにプロ美容師さんが「自分でバリカンを使うときのポイント」みたいな動画をアップされているので、それがすごく参考になります。

ボクが参考にさせてもっらのはこちら↓、根岸さんという美容師さんによる解説動画。

https://www.youtube.com/watch?v=qA7CytWWPnw

(お世話になりました、ありがとうございます!)

YouTubeなどを参考にしたうえで、ボクなりの「自宅で自分でおしゃれ坊主」の手順が確立してきたので 紹介します。

-手順1.頭頂部 10mm

-手順2.ハチマキの上の部分 8mm

-手順3.ハチマキ部分 6mm

-手順4.耳の高さ 部分 4mm

-手順5.もみあげ/襟足 2mm

-手順6.前髪 3mm(自分的にはこれがポイントかも)

で、そのときのコツはこんな感じです↓。

-コツ1.上記手順1~6は上から順番に

-コツ2.刈り込むときは両手を使って

-コツ3.刈り残しがないよう強く押し当てながら

-コツ4.何度も繰り返しこするように動かす

-コツ5.鏡を2枚使って 後ろも丁寧に

-コツ6.でも、家族がいる人は後ろ/耳周りは サポートしてもらってもいいかも

まとめ

結論、

案外楽しいし 案外出来栄えに満足

です。

また、その他にも メリットがありました。

元々 短髪なので 3~4週間ごとに美容院に行っていたのですが、「自宅で自分で」をはじめてからは、2週間おきに散髪。気が向いたときにササっと刈れます。

慣れれば10分程度でできます。

散髪のペースが上がることによって、微妙に髪が伸びているという状態がなくなり、常に「グッドコンディション」をキープできるようになりました。

さらに、時間面/費用面でもメリットありますよね。

美容院に行くかわりに「自宅で自分で」なので、美容院に行くのに掛かっていた時間やお金がセーブできます。

時間のセーブは、

これまで3週間に1度のペースで

往復の移動時間含めて1回につき約1時間

掛かっていたので、

年間▲17時間程度(17回 x 1時間)。

お金のセーブは、

1回につき17£(約2,300円)なので

年間▲39,000円(17回 x 2,300円)

初期投資として掛かった、

バリカン買替え=33£(約4,500円)

ヘアキャッチケープ=10£(約1,300円)

を差し引いても

年間▲33,200円の節約

になりますね。

いろんなメリットに気づくと、

ん、ロックダウン明けても美容院行く必要なくね?

とすら思えてくるし(笑)。

ざっくりメリットをまとめると、

・Stay Home期間中のイベント性 ムスメにウケる

・美容院に行く時間セーブ ▲15~20時間/年

・お金セーブ ▲3.3~4.0万円/年

・控え目に言って 出来栄えが(イギリスの)美容院より◎

あたりでしょうか。

ということで、「逆転の発想」みたいなところから始めてみた「自宅で自分でおしゃれ坊主」ですが、

ロックダウン中の妥協策ではなく、

今後ずっと「自宅で自分で」でいいかな

と本気で思ってるほど。

もし「なるほど、自分もそう思う」という方は

是非 挑戦してみて下さい、おすすめです。

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。

 

~おしまい

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です