ヨーロッパ

【子連れ家族におススメ】レンタカーでマルタを自由に旅する

どうもSymSymです。

今回は 地中海の超人気リゾート地、マルタ4泊5日旅行のレビュー記事です。

子供がいると、待ち時間があったり、自由度の低いツアーに参加する旅行は厳しいですよね。ということで、全行程 レンタカーを使って気ままにまわった記録になります。

■日程

訪問したのは2019年8月10日~14日。

4泊5日のスケジュールは ↓の通りです。

1日目  午前  ロンドンからマルタへ移動
夕方   ホテルチェックイン→ホテルプール

2日目  午前   ホテルプール
午後   スリーマの街 散歩

3日目  終日   ブルーラグーン(by レンタカー)

4日目  終日   バレッタ観光

5日目  午前   ブルーグロット観光
午後   ロンドンへ移動

■マルタ 行って良かったこと 2つ

①やっぱり ブルーラグーン!

マルタの目玉はやはりブルーラグーンですよね。
いわゆる「船が浮いて見える」っていう、あれです。

②十字軍 マルタ騎士団の歴史!

塩野七生の世界。
昔 読んだ「地中海戦記3部作」の世界がリアルに蘇る!

■まずは空港からスリーマの街へ

空港で事前に予約していたレンタカーをピックカップ。

今回の旅のお供はこれ。フィアット500。ボディカラーもいいじゃん(笑)

因みに、ヨーロッパの旅先でレンタカーするとこのチンクにあたること多いですよね。今年3度目のチンクドライブ。

ただ、このクルマ、2ドアですし、ラゲッジスペース狭いんですよね。予約のときは「コンパクト4ドア」でお願いしたんですが、、、。

大き目のスーツケースだと2個はきついです。我が家もギリギリで押し込んでなんとかリアドアを閉めました。

さあ、ホテルのあるサンジュリアンへ!

ヨーロッパでのレンタカー手配や鉄道手配はomioが便利。

ボクも 使い勝手と安心という観点から、ヨーロッパ域内の旅行の際 omioを利用します。

<a href=”https://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=3BMF1D+C506SY+4JTS+5Z6WX” rel=”nofollow”>
<img border=”0″ width=”468″ height=”60″ alt=”” src=”https://www29.a8.net/svt/bgt?aid=200920225734&wid=001&eno=01&mid=s00000021232001004000&mc=1″></a>
<img border=”0″ width=”1″ height=”1″ src=”https://www14.a8.net/0.gif?a8mat=3BMF1D+C506SY+4JTS+5Z6WX” alt=””>

■ホテル:Hotel Juliani

今回は4泊全てこちらのホテルに宿泊@サンジュリアン。

場所、内装、サービス、朝食、いずれも満足度の高いホテルでした。屋上にプールもあります。

大型リゾートホテルとどちらにするか悩んだのですが、

ブルーラグーンやバレッタ観光などのためホテル滞在時間は短くなるはず。

施設の充実ではなくてロケーションなど機動性を重視してこちらのテルに決めました。

結果、大満足の滞在。

ホテルジュリアーニHP→https://www.hoteljuliani.com/

■ブルーラグーン 行き方と過ごし方

今回の旅行の目的のひとつ。

ブルーラグーンで泳ぐ!

レンタカーで船の出るチェルケウア訪問へ。

サンジュリアンからは40分程度のドライブです。途中 少し不安な道も通りましたが、ナビ通りに行けば問題ありません。

で、レンタカー旅行の難しいところ=駐車場問題ですが、ここは大丈夫。

リビエラ・リゾート&ビラというホテルの裏手に広い駐車場があります。午前中の早い時間であればスペースはず。

ここにクルマを停めて、

ホテルの正面(海側)にいけば ブルーラグーン行きボートのチケット小屋があります。

船の時間を確認してチケットを買います(往復で15€くらい)。船着き場はさらにその奥。

お客さんが溜まったら出発ですが、30人乗りくらいの船はすぐにいっぱいになると思うので、待ち時間はそれほどないと思います。

出発して15分くらいでブルーラグーン到着。

ブルーラグーンで下船したら、まずは「今日1日の居場所」を確保しましょう。

場所確保のポイントは2つ。

①船を降りてすぐのビーチエリア
②岩場を上って右手に進むとあるビーチエリア

船は次々来て、観光客がどんどんコミノ島に乗り付けます。迷っていると場所はあっという間に埋まってしまいます。「ここ、いいな」と思ったら取り合えず 確保。

家族が何人かいる場合は、確保組 と 場所探し組に別れて、もっと良い条件の場所を探す、みたいなやり方が良いんじゃないかと思います。

因みに、ビーチチェアのレンタル代は パラソル付きで20ユーロ/日。

ヨーロッパ人なんかは タオルを岩場に敷いてました。短時間の滞在ならばそれでもいいかも。でも、強い日差しのもと 休暇で来て修行みたいな思いは嫌なので、迷わずビーチチェアレンタルしました(パラソルとチェアx2で20ユーロくらいだったと思う)。

場所を確保したら、さあ、ブルーラグーンに入りましょう!

水は結構冷たいですが、こんな感じです。

海の透明度と太陽の光が、絶句するほどのブルーを作り出してるんだと思います。

ひと通り泳いで疲れたら、背後の岩山の上に登ってみましょう。

ブルーラグーン全体を見渡せます。

まさに「絶景」。

因みに、トイレもこの岩山の上にあります。案外 きれいなトイレですが、紙は持参して下さい。

午後になると観光客で「芋洗い状態」になります。もう泳ぐとか 絶景写真を撮るとかって感じではなくなります。

そうなったらもう退散ですかね。

そういう意味でも、ツアーではなくレンタカーで早めに出発、朝一番のボートでブルーラグーン入りするのがおススメです。

■バレッタ マルタ騎士団が栄華を極めた封地

ここもレンタカーで行きました。

バレッタ城門の前に公営の駐車場があります。パーキング問題無し。

歩いてシティゲートをくぐります。このアプローチは雰囲気あります。まさに「要塞都市」。

世界遺産・バレッタの中に入ったら、まずは 聖ヨハネ大聖堂。

この内部の絢爛たる輝きは、間違いなく世界で最も美しい大聖堂のひとつだと思う。入った瞬間、天井・床・壁の3次元で その美しさが迫ってきます。

トルコで学生をしていた頃に塩野七生を読み漁ったボクには、マルタ騎士団ゆかりの街・建造物に触れる感動の体験でした。

聖ヨハネ大聖堂の中には、カラバッジョの最高傑作「洗礼者ヨハネの斬首」を見ることもできます。西洋美術における究極の傑作とも言われ門外不出の作品らしい。

ボクは、美術に造詣が深いわけではありませんが、なるほどなんとも説得力のある作品だと思いました。

■ブルーグロット(青の洞門)行き方

最終日の午前中、島の南側にあるブルーグロットに行きました。

サンジュリアンからクルマで20分。ここも駐車場があってパーキング問題無し。

駐車場から歩いて坂を下って、チケット小屋でチケット購入。

観光客が集まったら船は出発。

なかなかの迫力で楽しいです。うん、海の青もすごくきれい。

ただ、海の青さは 光の量だったり角度だったりが関係しているので、その時その時で大分違うんですよね。

例えば、ボクの場合、イタリア・カプリの「青の洞窟(ブルーグロット)」の方が印象的な「青色」だったような。

いろんなところ旅行していると いろいろ比較しちゃうんですよね。

これは歳を取ることの嫌な部分。若い時の方がなんでもフレッシュに感動できたと思います。

でも、↓これはView Pointからみた青の洞門(ブルーグロット)。

やっぱり、ここはここで 猛烈 きれい。一見の価値ありです。

■まとめ

4泊5日、空港から始まり、見たかったマルタのポイントを全てレンタカーで回りました。

クルマの駐車で問題になることもなく、真夏の地中海を子連れで旅行するには、レンタカーはベストチョイスだったと思います。

知らない国/街で レンタカーするのは 少し抵抗あるかもしれませんが、俄然 自由度が高まります。

子連れ家族にはマルタ・レンタカー旅行、是非おすすめしたいです。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です