編集スキル

【初心者向け】動画制作を効率的にする方法 〜設計図を準備する〜

どうも、SymSymです。

ウラジミール
ウラジミール
ねぇねぇ、ボクさ、さいきん  動画制作を頑張ってるんだけど、一本の動画を作るのに すっごく時間がかかるだよねー、、、。

撮ってきた動画素材を並べて 編集しようと思ったら、

  • 素材があり過ぎて カット選べない
  • 一方、使いたいカットは撮影してない

という失敗の連続。

SymSymは 一体どうやってるの???

SymSym
SymSym
ウラちゃん、わかるよーわかるよー。
ボクも 全く同じだったからね。

撮影の効率が悪いから、
編集の効率も悪くなっちゃうんだよね。

そんなときはさ、動画制作の工程を

「計画→撮影→編集」

に分けて考えて
「計画」にしっかり時間を掛けるのが大事!

計画とは、
動画制作の「設計図」を作るってこと!

ということで、この記事では、

動画制作の効率を上げる方法

「設計図」を準備する

について、書いていきます。

この記事は、

【この記事の対象】

  • 動画制作 初心者
  • 動画制作に長時間掛かってしまう人
  • 編集効率が悪いなと感じてる人

に向けて発信しています。

この記事を読むことで、

【この記事を読んでわかること】

  • 動画制作における「設計図」のメリット
  • 「設計図」の作り方
  • 「設計図」の使い方

あたりが理解できます。

そういうボク自身が、
動画編集の効率が猛烈悪くて苦労しました。

この記事は、

数ヶ月前のそんな自分に対するアドバイス

のつもりで書いています。

動画制作 初心者の方ほど

「設計図」のメリット

をきちんと理解して活用すべき。

それでは、順番に解説していきますね。

動画制作の「設計図」ってなに?

動画制作の3つの工程

動画制作というと
①撮影と②編集 だけだと考えがちですが、
この考えを改めるところから始めましょう。

動画制作とは、

①計画→②撮影→③編集

3つのステップで構成されています。

この「計画」にあたる部分が
「設計図」を準備する

ということになります。

動画制作において、

計画=設計図作りは
「撮影」や「編集」と同じくらい大切

です。

「計画」が不十分だと失敗する

「計画」の部分が不十分なまま
撮影→編集というステップに進んでしまうと
必ず失敗します。

冒頭のウラちゃんの話のように
編集段階になって

  • 素材が多過ぎてカットが選べない
  • あんなカットがあればいいのに、、、

という問題が出てきて、

  • 編集効率が低下する
  • まとまりのない動画になる

という失敗につながります。

最悪の場合、

完全に作業の手が止まってしまう

なんて事態になる可能性もあります。

「計画」段階でしっかりと「設計図」を作り込んでおくことで

  • 「設計図」に従って 必要なカットを撮影
  • 「設計図」に従って 動画素材を編集

が可能になります。

残りの工程が 断然 スムースになり
効率改善になるという仕組みです。

「設計図」の作り方

「設計図」の内容

「設計図」作りとは、簡単にいうと

どんな動画を作りたいかを考える 作業

です。

具体的には、

「企画」と「構成」

という2つ作業に分けられます。

まず、企画は、

―企画(目的を明確にする)ー

  • 誰に伝えるのか
  • 何を伝えるのか
  • 見る人にどんなふうに感じてほしいのか

を整理すること。

その上で、
その「企画」を実現するためにの「構成」を考えます。

―構成(どう伝えるか)―

  • どんな順番で何を見せるのか
  • どんなBGMが効果的か
  • どんなエフェクトが効果的か
  • テロップはどうすれば効果的か

を考えます。

「設計図」の例

では、どんな感じの「設計図」を用意すればよいか。

ちょっと 我が家の旅行動画を例にしてサンプルを作ってみました。

まず、タイトルはこんな感じで↓。

【タイトル】

海外駐在をしている家族の旅行

続いて、
企画(目的を明確にする)はこんな感じ↓。

【企画(目的)】

  • 誰に:
    →日本に住む家族に
    (おじいちゃん、おばあちゃん)
  • 何を:
    →自分たち家族の元気な様子を
  • どう感じてほしいか:
    →元気に旅行を楽しむ様子を見てもらって
    近況報告かねがね 安心してもらう

さらに、構成(どう伝えるか)はこんな感じ↓。

【構成(どう伝えるか)】

  • シーン割:
  1. オープニング
    荷造り
    車のエンジンをスタート
  2. 目的地到着までの道中
    車の窓から景色(都会から田舎へ)
  3. 宿泊先 到着
    ホテルチェックインの様子
    ホテルの中や 周辺の探索 森/川/海など
  4. 観光
    イギリス・リゾート地の雰囲気
    田舎の自然の風景
  5. 食事/1日の終わり
    ご当地名物の食事
    家族が旅行1日を振り返る会話
  6. エンディング
    名残惜しいホテルチェックアウト
    帰路 道中の景色
    前日 ホテルで撮影した夕暮れの様子
  • 曲選び:

ポップ/カントリーな感じ(明るい感じ)

  • テロップ

ホテル/観光地などの旅情報を入れて
リアルな状況説明
一緒に旅行をしている気分になってもらう

ざっくりではありますが、
この「企画」+「構成」が
イコール「設計図」になるイメージです。

こんな感じで
伝えたいこと や 動画の流れを準備しておけば
あとはこの「設計図」に従って
必要なカットを撮影し、
順番に編集していけばOK。

撮影/編集を効率よく進められます。

逆に、
こうした準備が不十分だと、

  • ずっとカメラを回しっぱなし
    →無駄なカットがたくさん
    →編集段階でカットの選別が大変

だったり

  • 必要シーンの不足
    →夕陽のシーンで終わりたいけど素材なし

ということになります。

プロの動画クリエイターであれば、
クライアントやスタッフに対して
これからどんな動画を作るのかを
きちんと理解してもらう必要があります。
(さらには承認をもらう)

そのために、
絵コンテや脚本を用意しますが、
この絵コンテや脚本も
動画制作の「設計図」になります。

「設計図」、その他のメリット

ここまでの説明で、

「設計図」を準備することで、
撮影や編集の作業効率が
大幅に改善すること

を理解してもらえたと思います。

最後に、
作業効率以外の設計図のメリットを紹介します。

それは、

「伝わる」動画

が作れるということ。

つまり、

前章の例で言えば、

  • 誰に:
    →おじいちゃん、おばあちゃんに
  • 何を:
    ロックダウンが続くイギリスで
    元気に仲良くやっている息子家族の様子を
    田舎の綺麗な景色と共に伝えることができる

ということ。

メッセージがクリアで
「伝わる動画」/「刺さる動画」

が完成します。

これは、

「設計図」のもう一つの大きなメリット

です。

まとめ

この記事では、

動画制作における
「設計図」のメリットや作り方

について説明しました。

「設計図」を準備することで、

「ただなんとなく動画を作る」

という段階から

「伝わる動画を効率的に作る」

という段階にステップアップします。

そして、それは、

これまで以上に
動画制作を楽しくする

ことにつながります。

あなたも次の動画制作で、
「設計図」を準備して チャレンジしてみてください。

きっとこれまでより
ワンランク上の動画制作ができるはず。

この記事が そのヒントになれば とても嬉しく思います。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

〜おしまい

【簡単!動画編集 始め方】動画で家族の思い出を残す 5ステップどうもSymSymです。 そんなスマホやPCの中の思い出を 音楽にのせた1つの動画にまとめてみたくありませんか?...
【ダサい動画は卒業】初心者向け 動画撮影が上手くなる5つのコツどうもSymSymです。 デジカメやアクションカメラを買って、気合十分で撮影してみたはいいけど、見返してみるとイマ...

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です