動画編集 始め方

【ダサい動画は卒業】初心者向け 動画撮影が上手くなる5つのコツ

どうもSymSymです。

ウラジミール
ウラジミール
ねぇねぇ、聞いて! ボクも 最近 デジカメ 買ったんだよねー! でも、出来上がった動画がイマイチ、、、。 なんか見にくいし、素人っぽくてダサい感じ。なんでだろ???
SymSym
SymSym

うーん、ウラちゃん、わかるわかる! ボクも 勉強の真っ最中。 で、見やすい動画を撮るにはいくつかポイントがあるんだよね。

デジカメやアクションカメラを買って、気合十分で撮影してみたはいいけど、見返してみるとイマイチってこと、ありますよね、、、。

本来は、

動画撮影は 時間を掛けて上達していく

くらいの考え方で全然OKと思います。

でも、初心者でもちょっとしたポイントを押さえるだけで 見違えるほど 見やすくて/伝わりやすい動画になるコツがあれば 知りたいですよね。

この記事では、趣味の動画編集にハマって、動画全般勉強中のボクが、

プロの動画クリエイターから学んだワザ

動画撮影 シンプルな5つのコツ

を紹介します。

初心者でも上手に撮れる動画撮影の5つのコツ

コツ①:カメラを動かさない

1つ目は、撮影中はカメラを動かさない、です。

SymSym
SymSym

あなたは、カメラ、動かしてませんか? ついやっちゃうんですよね、ボクも 全然 動かしてました!

なぜカメラを動かしてはダメなのか。

理由は、視聴者がどこをみていいかわからなくなるから。

3つのパターンで、カメラを動かしてはいけない理由を説明していきますね。

禁止パターン(1) 歩きながら撮影

歩きながらの撮影は ほぼ確実に手振れします。

あなたも素人の動画を見ていて経験あると思いますが、

動画が手振れしていると とたんに見にくくなって
数分の視聴でも耐えられません

歩きながらの撮影のがOKという例外があります。

最新のアクションカメラ/スマホの上位機種は 強力な手振れ補正機能がついているので、そうした機材であれば 歩きながらの撮影も〇。

ただし、何を撮るか明確に決めてから 撮影しましょう。

たとえ手振れしていなくても、撮影者の「意図」が無い動画は見にくい動画です。

禁止パターン(2) パン撮影

パンとはカメラを左右に動かすこと

広いところで撮影するときやっちゃいがちですよね。

でも、プロのカメラマンが、パンのテクニックを使うときは、

  • どこからどこまでカメラを動かすか
  • どれくらいの速度で動かすか

などを緻密に計算して 何をどう見せるか、という明確な「狙い」/「意図」があります。

素人がパン撮影する場合、
そこに撮影者の「意図」がないことが多く
視聴者がどこを見ればよいのか わからなくなります

 

禁止パターン(3) ズーム撮影

パン撮影と同じく、ズーム撮影も 初心者には手出し無用の撮影テクニックです。

ズームを使うならば、やはり 撮影者の明確な「意図」が必要です。

また、スマホ・カメラでズームを使う場合、画像を拡大しているだけなので、画質が荒くなります。

被写体を大きく写したいときは
ズームを使うのではなく自分が近くに寄って撮影しましょう

 

ではどうするか? これを撮ろうと決めたら動かさない!

カメラを動かさずに撮影することはフィックス撮影と言います。

SymSym
SymSym
フィックス撮影が動画撮影の基本です。 パンやズーム撮影は、上達してから使うテクニックと覚えておきましょう。

初心者ほど カメラを動かしてしまいがちですが、撮りたいものを決めたら じっと 動かさないように意識して撮影しましょう。

そうすれば、何を見せたいか、撮影者の「意図」が伝わりやすくなります。

コツ②:1カット 10秒撮影

カットとは、撮影開始から録画を終えるまで、のこと。

SymSym
SymSym
初心者は、1カットの撮影時間が 長すぎたり、短すぎたり、します。

長いカットをそのまま編集で使うと、映像からの情報に変化がなくなり 見ていて退屈な映像なります。

また、カットが短すぎると せっかく良いシーンが撮影できているのに、2~3秒しかないと 編集で使えるところがない、撮影者の「意図」が伝わりにくい、ということになります。

なので、カットは長すぎず 短かすぎず、「10秒」で撮影するように意識しましょう。

コツ③:撮影の開始と終わりに余裕を持たす

これは、1カット10秒ルールと似てるのですが、ちょっと違います。

SymSym
SymSym
動画の撮り始めと終わりは 撮影ボタンを押す関係上、どうしても手振れしやすくなります

なので、撮影の始めと終わりに時間的余裕を持って、あとは編集で対応する、というルールで行きましょう。

たとえば、旅行先の撮影で 「今 ~~~に来てまーす」というシーンを撮影するときでも、

  • 撮影開始ボタンを押す
  • 撮影が始まったら 2~3秒待って「今 ~~~に来てまーす」
  • 撮り終わったら また2~3秒待って 撮影終了ボタンを押す

という感じ。

撮影開始と終了は「一呼吸おく」と覚えておきましょう。

コツ④:「寄り」と「引き」を 使い分ける

  • 「寄り」とは 撮影した被写体のアップが 画面いっぱいにおさまる構図。

→被写体が人だったら 顔の表情とか 作業をする手元だけを撮影。

 

  • 「引き」は 被写体全体が 画面におさまる構図。

→被写体が人だったら 足から頭まで 全てを撮影。

「寄り」と「引き」を使い分けるメリットは、

  • カットごとに 画面からの情報量に変化が出て 視聴者が飽きない
  • 画面サイズが変わることで動画にリズムが出て見やすい
SymSym
SymSym
このポイントを意識して撮影すると、編集のときに 動画素材をただつなげるだけで 「見れる映像」に仕上がります

たとえば、リゾートホテルのプールで遊ぶ子どもを撮影する場合。

  • 「寄り」:プールで楽しく遊ぶ子どもの活き活きとした表情を撮影
  • 「引き」:プール全体から 背景までおさめて 開放感あふれる場所で遊ぶ子どもを撮影

みたいな感じ。

この2つの動画素材があれば「どこで・誰が・どんなふうに・何をしている」が明確に伝わります。

コツ⑤:水平を意識する/画面内をシンプルにする

水平が意識されていない動画というのは、例えば「被写体に対して 地平線が斜めになっている」という状態。

また、画面内がシンプルじゃない動画というのは「プールで遊ぶシーンで 脱ぎっぱなしのTシャツが画面に写っている」という状態。

こういう映像は、見る人に違和感を感じさせます。

それを見た視聴者は、その部分ばかりが気になってしまい、本来  撮影者が伝えたい部分に意識がフォーカスされません。

プロ映像クリエイターのJouno Filmさんが YouTubeで、水平バランス/シンプルな映像の重要性をわかりやすく説明してくれています↓。

カメラのグリッドラインや水平計を使いバランスを保ち、画面内を整理することで、伝えたいものを シンプルに 見せる動画撮影を心がけましょう。

まとめ

動画を上手に撮るコツを5つ紹介しました。

  1. カメラを動かさない
  2. 1カット10秒撮影
  3. 撮影の開始と終わりに余裕を持たす
  4. 「寄り」と「引き」を使い分ける
  5. 水平を意識する/画面内をシンプルにする

どれも 意識するだけで かんたんに 実践できますよね。

たったこれだけのことで、見違えるような映像になり、素人っぽい動画から卒業できます。

それはスマホカメラでも同じです。

動画撮影のコツをおさえて、ワンランク上の動画を目指しましょう。

  • 趣味で動画編集を始めたあなた
  • 日ごろからスマホで動画を撮ることが多いあなた

見やすい/伝わりやすい動画が取れれば、あなたの動画編集ライフは ますます充実するはずです。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

この記事があなたの役に立てば 嬉しいです。

~おしまい

【簡単!動画編集 始め方】動画で家族の思い出を残す 5ステップどうもSymSymです。 そんなスマホやPCの中の思い出を 音楽にのせた1つの動画にまとめてみたくありませんか?...
【検証済み】Filmoraを33.4%割引価格で購入する方法(クーポン不要)動画編集ソフト Filmora9を どこよりも安く購入する方法を紹介。33.4%割引き、5,980円!購入手順を 画像15枚で わかりやすく説明!...

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です