撮影機材・ガジェット

【Zhiyun Crane M2唯一の弱点、解決!】Smallrig製 専用アルカスイス互換クランプ

どうもSymSymです。

この記事は、

対象:

Zhiyun製 Crane M2 全ユーザー

 

内容:

Crane M2唯一の弱点(ネジ式プレート)は

Smallrig製専用クランプで解決

 

伝えたいこと:

この解決法でCrane M2の機動性さらにアップ

Crane M2+Smallrig=完璧

というかなりピンポイントな記事になります。

まず、Zhiyun Crane M2、非常に優秀な小型ジンバルです。

その機能性や使い勝手などは 多くの方が

ブログやYouTubeでレビューされているので、ここでは詳しく書きません。

ググってみると いっぱい出てきます。

 

とにかく、

「軽い・コンパクト・安定」

「軽いは正義」を信条にカメラ周りの機材を揃えているボクには、

Sony α6400みたいな軽量・コンパクトなASP-C機との組み合わせで

控え目に言って最強ジンバル

 

でも、「最強」イコール「完璧」ではないんですよね、、、。

Crane M2付属の「ネジ式プレート」

あれだけはいただけなくないですか?

(ネジが独立していてなくしそう、、、)

Crane M2 唯一の弱点=ネジ式プレート

ボクが使っていて感じた「ネジ式プレート」のネガは、

 ①ネジ なくしそう

独立したネジなのでいつかなくしそうでコワい

 

②カメラを乗せるのが面倒

毎回カメラのクイックリリースプレート外さないといけない

 

③バランス調整 難しい

前後バランス取れたと思ってもネジを締めると微妙にズレてる

の3点。

Crane M2には、ロール軸のメモリロックもついており、一度 カメラをのせて 位置を記憶させると、一旦収納して 再び 使うときでも、バランス調整不要! 優秀なジンバルです。

でも、「カメラを乗せるところから」となると、

この①~③がネガになって「使うの面倒臭い」って思っちゃうことがあります。

小型ジンバルにとって「機動性」はなにより大事。

持ち出しのハードルが上がると価値半減。

というのが正直な思い。

これCrane M2ユーザー全員の共通の「悩み」

なんじゃないかと思います

でも、ご安心下さい。

その問題、解決方法、あります!

ちょっと胡散臭い言い回しになりましたが、

①~③ネガ全てを打ち消す“アイテム”があるんです。

それがSmallrig2508。

(左がSmallrig2508、右が付属の「ネジ式プレート」)

Crane M2+Smallrig2508=完璧

ボクは はじめ 「あのネジ」がどうしてもイヤで、

アルカスイス互換のクランプを付属プレートの上に重ね付けしていたんですが、

それだとカメラの重心が少し上に来てしまいどうも使い勝手がよくありません。

わずかですが、ジンバルのペイロール(積載重量)を食ってしまうのも気に入らない。

 

でも、このSmallrig2508であれば、Crane M2専用クランプになっているので、

重ね付けのゴテゴテ感もなくスッキリ、重心も安定します。

  • 正式名称:Smallrig2508
     (Zhiyun Crane M2専用アルカスイス互換クランプ)
  • 値段:2,200円 くらい

ボクは、現在イギリス在住なので イギリスのSmallrigのサイトから購入しましたが、価格は、

17£=約2,300円

届いてから何度か使いましたが、

結論、大満足

です。

【送料無料】SmallRig Zhiyun Crane M2専用アルカスイス互換クランプ-DPC2508【日本国内倉庫発送】

これで、

  •  ネジなくす心配無し
  •  カメラ装着 楽チン
  •  バランス調整スムース

まさに、

Zhiyuin Crane M2 + Smallrig2508 = 完璧

の公式が完成する瞬間です。

使用レビュー

カメラの装着 及び バランス調整が どれだけ改善したか、

「α6400+Sony SEL1018 F4.0」を使って、機材装着+バランス調整の時間を計測、これまでの付属ネジ式プレートとの比較をしてみました。

計測したのは、「カメラ装着からバランス調整してジンバルのスイッチをオンするまで」の時間。

結果は ↓ の通り。

付属ネジ式プレート Smallrig アルカスイス互換クランプ
1分11秒 34秒73

動画にもまとめてみたので見てみて下さい↓。

 

Smallrigアルカスイス互換クランプの圧勝。

厳密にいうと、「ネジ式プレート」のとき、パン軸のバランス確認やってなかったりしますが、Smallrigクランプは 約半分の時間でバランス調整完成。

数字でも動画でも、機動性/使用感が 各段に向上したこと、ご確認頂けると思います。

まとめ

ボクは Smallrigの商品を使うのは初めてだったのですが、

ガジェット系YouTuber界隈では よく見かけるメーカーさんですよね。

使い手の目線で商品開発しており、
目の付け所が鋭く、
使い勝手の良いアイテムを製造するメーカー

というイメージは元々ありました。

今回のそのSmallrigのアイテムのおかげで、

いままで気になっていたCrane M2唯一の弱点が補完され、

小型ジンバルとしての最強/完璧になったと思います。

 

因みに、不要になった「付属のネジ式プレート」は、現在 スマホホルダー専用のプレートとして使用。 スマホ用ベストポジションでネジ止めしてあるので、スマホ装着の際のバランス調整もスムース&スピーディです。

以上、

「Zhiyun Crane M2+Smallrig2508」を基本設定にして

ジンバル使用のハードルをグッと下げてみませんか

という記事でした。

 

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

 

~おしまい

 

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です