世界ディズニー

【WDW 2020カウントダウンバケーション -ホテル編】   モデレートリゾート・ポートオーリンズ フレンチクォーター レビュー(2020年1月)

こんにちは、SymSymです。

この記事は、

Walt Disney World(WDW)の公式ホテルのひとつ、ポートオーリンズ・フレンチクォーターの宿泊レビュー、

になります。

対象: WDW行きを検討している(主に子供連れ)家族
内容: ポートオーリンズ・フレンチクォーターの費用対効果
伝えたいこと:求める条件に合えば おススメできるホテル(我が家は満足!)

WDWのホテル選びって たくさんあって 難しいですよね。

この記事では、「フレンチクォーターはこんな方にオススメです」というのを 具体的にわかりやすく書いていきます。

この記事の最後に、フレンチクォーターの雰囲気が伝わるように動画をつけているので、興味がある方はそちらも見てみてください。

※因みに、旅行の準備はツアー会社を経由ではなく、個人で行いました。
「準備編」はこちらになるので、ご興味ある方は一緒に見てみて下さい。

【クリスマス休暇 ロンドンからオーランドに行きます】 WDWでの年越しカウントダウン計画以前の記事で、 「【穴場?!】ロンドンからの「その手があったか」的旅行先」 というのを書きました。 【穴場?!】イギリ...

※もうひとつ因みに、「カウントダウンイベント編」はこちらです。

【WDW 2020 カウントダウン】プレカウントダウンを含む3つのイベントをレビューこんにちはSymSymです。 この記事は、 WDW(Walt Disney World)での2020年越しカウントダウンの様...

■フレンチクォーターはこんな方にオススメ

いきなり結論ですが、我が家は こちらのホテルで、満足度の高い宿泊ができました。

我が家がWDWホテル選びの際に、求めた条件は↓こんな感じです。

①ホテルの滞在時間は少ないので「デラックス」である必要はない
②広いWDW内の移動でストレスを押さえたいので「バリュー」はパス

WDWのホテルは全部で29個ありますが、4つのカテゴリーに分かれています。

・デラックス リゾート (予算:$350以上)

・デラックス ヴィラ  (予算:$350以上)

・モデレート リゾート (予算:$250~300)

・バリュー リゾート (予算:$150~200)

フレンチクォーターは、映画『プリンセスと魔法のキッス(The Princess and The Frog)』の舞台 ニューオーリンズをコンセプトにしたモデレートリゾートのホテルです。

我が家が泊まった12月25日~1月1日(7泊)で £1566(約22万円)でした。

一泊あたり31,000円くらい。

モデレートリゾートの中でも、
特に条件②の「WDW内移動の機動性」を考えると、
大規模なホテルを避けて、コンパクトなホテルの方が◎。

大規模ホテルは、一つのホテルのなかにいくつもバス停があったり、バス停から部屋まで10分以上歩いたり、というレビューをよく見かけました。

その点、フレンチクォーターは、
バス停もひとつだし、どの部屋でもロビーから5分以内でアプローチできるんじゃないでしょうか、
最もコンパクトなホテルのひとつだと思います。

ということで、我が家は ホテル選びでいろいろ調べたあとは、
ほぼ悩むことなく「フレンチクォーター一択」で こちらのホテルに 決めちゃいました。

※ホテルを決めた後は、ちゃんと『プリンセスと魔法のキッス』の復習をして、ホテルへのワクワク感を高めていきました。

従い、

・小さいお子さんやお年寄りがいるご家族、

・基本 昼間はパークにいてホテル滞在に重点をおいていないご家族には、

費用対効果の高いホテルだと思います。

ギンギンにディズニー感のあるホテルではありませんが、自信を持っておススメできるホテルです。

ここから、おすすめポイントを具体的に書いていきますね。

■空港からホテルチェックインまで

・マジカルエクスプレス ・・・ テンション↑! しかもスムース!

オーランド空港に着いたら、まず目指すのが マジカルエクスプレス乗り場!

予約の仕方なんかは、「準備編」の中でまとめています。

【クリスマス休暇 ロンドンからオーランドに行きます】 WDWでの年越しカウントダウン計画以前の記事で、 「【穴場?!】ロンドンからの「その手があったか」的旅行先」 というのを書きました。 【穴場?!】イギリ...

マジカルエクスプレスのカウンターに行ったら、指定された番号のバスに乗って 3番目のホテルがフレンチクォーター。約45分くらいでした。

もっとたくさんのホテルを寄ってからいくのかなと思っていたので、案外早く着いたというイメージです。

長いフライトで疲れているので、空港からスムースにホテルに到着できると嬉しいですね。

ちなみに、帰り、空港に向かう際は、ひとつだけ違うホテルに寄って、やっぱり45分くらいでした。

・チェックイン・・・さっそくディズニークオリティのサービス!

夜9:00頃の到着でした。

チェックインには複数組みの列がありましたが、5分ほどで順番が回ってきました。

はじめてのWDWなので、このチェックインの際にいろいろ質問して教えてもらいました。スタッフの方の対応はとても丁寧でした。

ここで予約しておいたマジックバンドをもらうのですが、ひとつ問題が、、、。

事前にアプリ経由、マジックバンドの色を指定しておきました。

父:赤、母:ピンク、ムスメ:黄色。

でも、レセプションで渡されたものは、なぜか3つともグレー、、、。

スタッフの方に事情を説明したところ、

「問題なし、このグレー3つに追加して赤/ピンク/黄色のマジックバンドもリンクして プレゼントします」

とのこと、ラッキー!

さらに、スタッフさんが 最初 間違えて、ピンクのマジックバンドにムスメの情報をリンクさせてしまいました(本当は黄色希望)。

すると、またしても「問題無し、じゃぁ、このピンクも上げちゃう」という展開。

ムスメは、グレーに加えて、ピンク、黄色の3本のマジックバンドをもらい、毎日違う色のバンドをして楽しんでました。もちろん全て機能してました(笑)。

※このマジックバンドの便利さに関しては、たくさんの方がレビューを書いているので、そちらを参照してください、ホント便利過ぎてビビります(笑)。

手違いはありましたが、全体的には非常にフレンドリーで丁寧な対応をしてもらい、気分良く旅行のスタートを切ることができました。

こういうところもディズニーマジックですよね。

■ホテルの雰囲気/部屋の様子

<ホテルの雰囲気>

「ジャズ発祥の地、ニューオーリンズのフレンチクォーターの華やかさとロマンスを再現」

という謳い文句だけあって、石畳の遊歩道や綺麗な中庭は、リゾート気分を上げてくれます。

ロビーからプールエリアにかけては、陽気なアメリカ南部の謝肉祭マルディグラの雰囲気。

さきほども書きましたが、あまりディズニー感はありません。

でも、落ち着いた雰囲気は 何日か滞在していると「この町に住んでいる」ような感覚にすらしてくれます。

家で『プリンセスと魔法のキス』を復習すれば、楽しかったフレンチクォーター滞在を懐かしむことができます(笑)。

<部屋の様子> ・・・こちらもシンプルながら必要十分!

-広さ
スーツケースも広げられるし、収納スペースも余裕があるので、広さは家族3人では十分だと思います。

-ベッド
ダブルサイズのベッドが2つでした。

-水回り
ダブルシンクです。これはなにげに嬉しいです。
ただ、シャワーの水圧は少し弱いかなと思いました、これは数少ないBadポイント。

‐コーヒーメーカー
アメリカン(うすーい)コーヒーが飲めます

-その他
年末だったので、タオルアートのサンタクロースありました。

■ホテル内施設

コンパクトなホテルですが、設備/施設も 必要十分だと思います。

・レストラン(Sessagoula Floatworks and Food Factory) 06:00~24:00

いわゆる「フードコート」スタイルです。

広さは十分で ピーク時でも混んでて座れないということはありませんでした。
ハンバーガー、フライドチキン、サラダ、ピザ等、食べれます。

リフィル・マグは、ここで購入、継ぎ足しができます。
※リフィル・マグは、毎日使うので、我が家は他の方のアドバイスもあり、スポンジを持って行って、こまめに洗うようにしてました。これ、おススメです。

・オススメ①

このレストランでの個人的なオススメは「ガンボ(Gumbo)」。

『プリンセスと魔法のキス』の中で、ティアナの得意料理だったスープ。

スープと言ってもしっかりお腹にたまるコクのあるスープです。

8日の滞在中、4回食べました(笑)、美味しい。

・オススメ②

オススメ活用法ですが、

我が家は 朝ごはんの時間を短縮したかったので、

前日夜に このレストランでヨーグルト/コーンフレーク/ミルクを買って、

部屋でササっと食べてパークに出発していました。パークインしたら 適当にドーナツやらチュロスやらを買って 家族で分け合って おやつ代わりに小腹を満たしてました。

・ジャズラウンジ (Scat Cat’s Club)

夜はライブ演奏を聴きながら、お酒が飲めます。

一方、朝は、これまた ティアナの得意料理=ベニエ(揚げパン的ドーナツ?)が食べれます。

しかも、ミッキーシェイプ。 なんとも「映え」ます!

・ショップ

グッズの他、飲み物、お菓子、ちょっとした薬も売っていました。

オムツなんかもあったりして、ちょっとしたコンビニ的な使い方もできます。

・ゲームセンター

中に入るとムスメがやりたがるので、我が家はスルー。

・プール

年の瀬のオーランドは思いのほか涼しく、プールにははいりませんでした。

アメリカ人は、夜でもプールにはいっている人がちらほら。てっきり「温水なんだろう」と思って、少しプールの水を触ってみたら、しっかり冷たかったです、、、。

ドラゴン型のスライダーがあったり、暑い時期であれば楽しいプールだと思います。

その他情報としては、「ジム」ありません。
普段、旅行のホテルを決めるときのポイントは「ジムの充実度」なんですが、今回は断念。

ですが、日中、パーク内を歩き回って「20000歩超/日」。「運動は十分かな」と自分に言い聞かせて、今回は「良し」としました。

ササグラ川沿いにランニングコースが設定されており、「ランニングが日課」という方は 楽しいランができそうです。

■WDW内 移動手段・・・ストレス無しのバス移動! ボートも〇!

すべてのパークにはバスでの移動になります。

このバス移動のスムースさを重視して、こちらのホテルを選んだわけですが、

結果としては「〇」。ストレスのないバス移動ができました。

・ホテルがコンパクトなので、ホテル内のバス停は一つ
→部屋からバス停まで近い(徒歩3分)
→バスに乗ってからパークまでは ノンストップ
パークからホテルまでも ノンストップ
→いつも「始発」なので座れる可能性が高い
・ホテルがコンパクトなので、利用者も それほど 多くない
→パークからホテルに戻るときも 「乗り切れず」ということ無し

※一度だけ、パークから戻る際、「リバーサイド」(ポートオーリンズのもう一方のホテル)と共同のときがありましたが、そのときも「フレンチクォーター」が最初のバスストップでした。ごめんなさい、どこのパークからの戻りだったか、忘れてしまいました、、、。

バス以外の移動手段として、ボートがあります。

ササグラ川を進んで Disney Springsへ行くことができます。

15分ほどののんびりとした船旅ですが、風情があって 良いです。

このボートは、ホテル・ポートオーリンズのウリの一つかもしれません。

■カウントダウンイベント・・・ティアナとルイスが登場!

12月31日には、ホテル内の「2020カウントダウン・イベント」がありました。

我が家は、ムスメの体力的に「パークで年越しの瞬間を迎えて、激混みのバスでホテルに戻ってくる」というのが厳しい、、、。

ホテルでもイベントがあるなら「2020年越しの瞬間はホテルで!」ってことで、ホテル内のイベントを楽しむことにしました。

イベントの内容は ↓の通り。

場所 : ホテルロビー前の広場

内容 :

①DJブース
②アルコール/スナック屋台(有料)
③キャラグリ(ティアナとルイス登場)
④カウントダウン用スクリーン(あまり大きくない)
⑤年越し記念写真用ブース

タイムスケジュール:

19:30~21:00 キャンプファイヤー (焼きマシュマロのサービス)
21:00~22:00 DJが煽るダンスタイム
22:00~キャラクターグリーティング(写真撮影あり)
23:45~カウントダウン・イベント

ひと通り、イベントを楽しんで、カウントダウンをしたあと(ムスメにとっては初めての年越しカウントダウン体験)、24:15には部屋に戻って就寝できました(笑)。

カウントダウンの様子は、パーク(MK/Ep)でのプレカウントダウンのイベントと合わせた動画/記事もあるので、よろしければみてみて下さい。
雰囲気は伝わるんじゃないかと思います。

https://symsymblog.com/wdw-2020-countdown/

https://www.youtube.com/watch?v=ZewHSYjuV_I

■その他 おすすめポイント

・ベニエ(絵ヂカラあり)

フレンチクォーターと言えば、

このベニエ(=揚げパン的ドーナツ)かもしれません!

インスタでもFBでも ミッキー型ベニエの写真が とにかく たくさんアップされています。

ボクは、このベニエが気に入り過ぎて、

思わず 自分用のお土産として「ベニエTシャツ」も買っちゃいました(笑)。

・ホテル全体の「ニューオーリンズ」コンセプト
アメリカ南部の「穏やか かつ 陽気」な雰囲気が とにかく 心地よかったです。
前にも書いてますが、何日か滞在してると、「この町に住んでいる」ような感覚になりました。
いつか 本物のニューオーリンズにも行ってみたい、ベニエやガンボを食べてみたいと思います。

■まとめ(良かったところ/悪かったところ)

良かった点:

①チェックイン時のレセプション対応(マジックバンド 7個)
②部屋は必要十分(ダブルシンク便利)
③ホテル全体のサイズがコンパクト(部屋からロビーまで2分、バス停まで3分)
④ベニエ(絵ヂカラ)
⑤案外使えるフードコート(ガンボ 美味い)
⑥カウントダウンイベントあり(ティアナ+ルイス登場)
⑦ストレスの無いバス移動
⑧ボート移動可能(ディズニースプリングスへのアプローチ)

悪かった点:

①部屋からの景色無し(これはモデレート以下はどこのホテルも同じ)
②ショップが小さい
③シャワー水圧 弱い
④ジム無し(プール有り)

当然、デラックスクラスのホテルに泊まれば、もっと快適でゴージャスな体験もできるんだと思います。

でも、我が家のスタイルを考えて 費用対効果で判断すれば、

フレンチクォーターはベストの選択だったと思います。

もし次回WDWにいくときは、

ムスメの体力も上がってるだろうし、

違うホテルにも泊まってみたいので、

フレンチクォーターをリピートするかどうかはわかりませんが、

同じような家族構成や考え方のご家族には、自信をもってオススメできるホテルです。

最後に、ホテルの様子をまとめた動画を編集したので、ご興味ある方は見てみて下さい。

https://www.youtube.com/watch?v=eyyg1yeT_0A

なんだか ホテルのイメージ映像みたくなっちゃってますが、雰囲気は伝わるんじゃないかと思います(笑)。

この記事が、なにかの役に立てば 嬉しいです。

~おしまい

子どもの写真/動画を上手に撮る方法 ~4つの要素とコツ~どうもSymSymです。 この記事は、 「子どもの写真/動画を上手に撮る方法」 について書いています。 ...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です