編集機材・ガジェット

在宅勤務の新定番!ウルトラワイドモニター レビュー【意外と安い】

どうもSymSymです。

SymSym
SymSym
最近 いろいろなシーンで ウルトラワイドモニターの話題を耳にしませんか。
MiuMiu
MiuMiu
なんだかかっこよくて興味はあるけど、高そうだし、自分にはまだ必要ないかなー
ウラジミール
ウラジミール
ウルトラワイドモニター欲しいけど、買ったあとで 後悔しないかなー?

1年くらい前のボクも そんな風に思ってました。

YouTubeで かっこいいウルトラワイドモニターを見かけると「欲しいけど、投資した分 使いきれなくて結局損しそうだな」って思ってました。

そんなボクが、ウルトラワイドモニターを購入したきっかけは、やはりコロナの影響で始まった在宅勤務。

在宅勤務により「自宅デスクの作業環境を改善して生産性を上げる」という大義名分ができて、ようやくAmazonをポチっすることができました。

この記事は、そんな悩んだあげくにウルトラワイドモニターを購入したボクが「6か月使ってみた」というレビュー記事になります。

結論を先に言っちゃうと、ここ2-3年で一番良い買い物だったと思うくらい満足しています。もっと早く買えばよかった、、、という思い。

ウルトラワイドモニターが気になっているけど、迷っているあなた、
ぜひ この記事を 最後まで読んで、ウルトラワイドモニターの前に座っているご自身を想像してみて下さい。

ウルトラワイドモニターの3つのメリット

業務/作業の効率がアップ

SymSym
SymSym
ウルトラワイドモニター、1つ目のメリットは「作業効率アップ」

まずサブモニター使ったことある人は、画面が拡張されることの便利さ、容易に 理解できると思います。

さらに、そのサブモニターが 横長のウルトラワイドモニターなると、体感1.5倍以上 効率化されます。

その理由は、ウルトラワイドモニターには「画面分割(スクリーンスプリット)」機能があり、横長画面を右と左に分けて、それぞれ異なる画面を立ち上げることができるから。

具体的に言うと、

  • 左側の画面で ネット調べものをしつつ、右側の画面で ブログ記事を書く、
  • 左でエクセルの数字を確認しながら、右で パワポ作成、
  • 左でZoom開いて、右で資料確認、

とか1つの画面の中で ラクラク 作業ができちゃいます。

実際、マイクロソフトの研究では、サブモニターを使うだけで、作業効率の改善が1.1~1.5倍期待できる、とのこと。

そのサブモニターが、ウルトラワイドモニターになると1.5倍以上の効率改善 というのがボクの実感です。

動画編集だとさらに効率アップを実感

さらに、動画編集をやる方には、ぜひとも ウルトラワイドモニターでの横長タイムラインを一度経験してみて欲しいです。

タイムライン上の行き来が圧倒的に快適になり、動画編集作業の時間は半分くらいに短縮さされます。まさに「2倍の効率改善」を実感。

映画や動画の迫力がアップ

SymSym
SymSym
2つ目のメリットは「動画の迫力 アップ」

ウルトラワイドモニターを使うと、アマゾンプライムやDisney+などの映画やYouTubeなどの動画をサイズいっぱい、迫力のある映像を映し出すことができます。

理由は、純粋にウルトラワイドモニターの21:9横長画面が 映画を観るのに最適なサイズだから。

21:9は映画館のスクリーン比と同じ。通常の16:9比 TVの場合、クロップ(画面上下を帯状にカット)して21:9に修正されて映し出されます。つまり、画面は小さくなっています。

ボクは、家族が寝たあとに一人で、動画クリエイター大川優介さんやPeter Mckinnonのシネマティック動画を集中してみる機会が増えました。

ウルトラワイドモニターだと スマホやノートPCではわからない細かい描写や映像のクオリティがよくわかります。

ただ、自分のYouTube動画なんかは 逆に 粗が目立ちます、、、。

自分のデスクへの愛着がアップ

(ボクのデスクです♪)

SymSym
SymSym
ウルトラワイドモニター 3つ目のメリットは 「自分のデスクへの愛着がアップ」です。

正直に言うと、ボクの中では このメリットが一番大きいかもしれません(笑)。
ウルトラワイドモニター導入から、明らかにモニター前にいる時間が増えました。

それは、

  • 動画編集が快適で楽しいから
  • 映画やYouTubeを21:9で見れるから
  • オフィス環境以上に自宅デスクの作業効率が良いから

そういった機能面/実用面での改善に加えて、

単純に
デスクが お洒落でかっこいい

という理由があります。

ウルトラワイドモニターの満足感から 作業中もニヤニヤしつつ幸福を感じながら作業できちゃいます(笑)。

以前と比べて 自分のデスクへの愛着が圧倒的にあがりました⤴。気分良く作業すること、これはあらゆる作業の生産性向上/効率改善にも影響していると思います。

ウルトラワイドモニターの注意点

SymSym
SymSym
続いて ウルトラワイドモニターの注意点についても触れておきますね

サイズ選び

SymSym
SymSym
ウルトラワイドモニターの注意点、1つ目は「モニターのサイズ選び」。

当然 モニターが横に長いので、設置するデスクのサイズもある程度の幅/奥行が必要になります。

例えば、モニターまでの距離が短くて、大きいサイズのモニターを使った場合、目線の移動距離が大きくなり、逆に作業効率が落ちたり、目が疲れたりします。

ボクはたまにオフィスで大きいモニターを使うことがあるのですが、特に左右の目線の移動は ちょっとストレスを感じます。

モニター購入にあたって 34インチと29インチ どちらにするかで悩んだ結果、29インチを選びました。

YouTube界隈では34インチモニターの方が人気ですが、29インチを選んだ理由は、自分のデスクが小さく、奥行きが限られているから。

ボクのデスクには、34インチモニターは大き過ぎて、効率が悪くなることを心配しました。

実際、29インチモニターを6か月使用していますが、ちょうど良いサイズ。34インチにしていたら やはり 大き過ぎたと思います。

デスクの奥行が60cm以上ない場合は、29インチのウルトラワイドモニターをおすすめします。

価格

ウラジミール
ウラジミール
ウルトラワイドモニターって割と最近のものだし、値段が高いんだしょ。やっぱり、まだ手が出しにくいんじゃないの?
SymSym
SymSym
ボクも最初そう思ってました。でも、通常モニターと価格帯を比較してみると↓こんな感じです。
モニターサイズ 価格帯
通常モニター(16:9)

27インチ 1.5万~2.0万円
32インチ 2.2万~2.8万円
ウルトラワイドモニター

29インチ 2.8万円~
34インチ 5.0万円~

通常モニター27インチ と ウルトラワイドモニター29インチの価格差はだいたい1万円くらいです。

1万円の価格差を見たとき、
毎日数時間使うモニターにおいて
価格差1万円というのは 大きくない

とボクは思いました。

実際、使ってみて、その生産性/効率の高さを考えれば、1万円の価格差はあっという間に元が取れる、という印象です。

ただ、”ウルトラワイドモニターがそれほど高くない”というのは、「フルHDで平面モニター」の話。

4K対応や局面モニターになるとグッと価格が上がり「やっぱりちょっと手が出ないな」という感じになります((+_+))

ボクが使っているモニター

スペック/価格など

因みに、ボクが使っているモニターは ↓ こちら。

  • メーカー : LG
  • サイズ : 29インチ
  • 解像度 : FHD 2560x1080
  • 応答速度 : 5 milliseconds
  • 価格 : 約30,000円

ウルトラワイドモニターの主要メーカーはAcer/Asus/Dell/BenQとLGあたり。ボクは、メーカーにはあまりこだわりはなく、主にサイズと価格で決めました。

ボクが欲しかった29インチのラインナップはLGが一番豊富。加えて、同じようなスペックであれば LGが一番安かったです。

ボクは、モニターでゲームをしないので、ゲームに必要なハイスペックなモデルは検討しませんでした。

 

因みに、Amazon限定でほぼ同じスペックのモニターが発売されています。2020年11月27日(金)19:00から 5日間限定で 始まる「ブラックフライデー+サイバーマンデー」のセールで さらに安くなるようなので、気になる方は ↓ チェックしてみてはいかがでしょうか。

【Amazon.co.jp 限定】LG モニター ディスプレイ 29WL500-B 29インチ/21:9 ウルトラワイド(2560×1080)/HDR/IPS 非光沢/FreeSync対応/HDMI×2

 

また、買ってから気づいたのですが、最近のLG製モニターには OnScreen Controlというソフトが付いており、これが秀逸なので、次で説明します。

LG製モニターのウリはOnScreen Control

LG製モニターにはモニター下部にジョイスティックのようなつまみがあり、そのつまみで入力切替えや画質調整などの設定ができます。

一方、その設定つまみとは別に、

OnScreen Control(ソフト)をダウンロードすることで、

  • 画面分割(スクリーンスプリット)
  • 明るさ/コントラスト/ブルーライト低減

などの調整がPC上で可能になります。

画面分割設定は↓こんなイメージ。

例えば、OnScreen Controlで「2分割」に設定しておけば、手動で微調整する必要なく自動的にスパッと2分割ができます。

これやってみるとわかりますが、スパッといったときは すごく気持ち良いっです(笑)。

ブルーライト低減モードなど 好みのモードを設定する画面はこんな感じ↓。

さらに細かいピクチャーモード(明るさやコントラストなど)の設定画面はこんな↓。

OnScreen Controlについては別に記事を書いているので、詳しく知りたい方は↓こちらも読んでみて下さい。「わかりやすい!」と評判の記事です。

【知らないと損】LGモニター買ったらOnScreen Controlをダウンロード!どうもSymSymです。 その「快適」の理由の一つが、 LGモニター特有のOnScreen Control(OS...

おまけ:絶対にやりたい「空宙に浮くモニター」

「空宙に浮くモニター」とは?

空中に浮くモニターとは ↓ これ。

YouTuber/monograph堀口英剛さんの動画サムネイルを見て一目惚れしました。

猛烈かっこいいよくないですか? ウルトラワイドモニター買ったら、これが 絶対にやりたっかた(笑)。

「モニターを空宙に浮かせる」ために必要なもの

(「空中に浮くモニター」はこんな感じ↑)

実は、モニターを浮かせるのは 案外 かんたん。

詳しくは、↑に貼った堀口さんの動画を見て頂くとすぐわかるんですが、

要は、
モニターアームをデスクに取り付けて
そこにモニターを固定するだけ

(モニター裏側、アームで浮かせる)

モニターアームはエルゴトロン製が有名ですが、ボクが買ったのは「高過ぎず安過ぎずの中華製」、こちら↓。

この商品は、アームの中にケーブルを収納することができるので、見た目もスッキリします。なかなか優秀な商品で満足してます。

モニターアームについては↓の記事の中で詳しく触れているので、興味がある方は読んでみて下さい。

リモートワークのデスクをスッキリ広々使うための便利グッズ3選どうも SymSymです。 最近は 徐々にリモートワークが普及しつつあり、今後 益々 自宅で仕事するケースが増えそうですね。 ...

まとめ

以上、ウルトラワイドモニターの3つのメリットや注意点などについて書いてきました。

繰り返しになりますが、

ウルトラワイドモニターは、
まちがいなく ここ2~3年で一番満足度の高い買い物、
自分の生活をアップデートしてくれたアイテム

これまで 自分の周囲にもおすすめしてきましたが、4人の知人がウルトラワイドモニターを購入。みんな ハッピーなようで、たまにお礼を言われたりします(笑)。

最後に、ボクが思う「ウルトラワイドモニターがあると生活がアップデートされる人」は、

買うと得する人
  • 現在サブモニターを持っていないあなた
  • 動画編集/写真加工が趣味のあなた
  • 家にTVがなくて動画などをノートPCで見ているあなた
  • デスク環境をアップデートしたいあなた

今後 在宅勤務が 益々 当たり前になっていくことが予想されますよね。上記以外の方でも自宅デスクの生産性/効率の改善は万人共通の課題。

あなたも ウルトラワイドモニターの導入を検討してみてはいかがでしょうか。

きっとデスクへの愛着がわき、モニター前が最高に居心地良い場所になると思います。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

~おしまい

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です